交通広告取扱いの基準

下記の項目に該当、又は該当する恐れのある場合は、
広告の取扱いはできません。予めご了承下さい。 

(1)法令により掲出を禁じられているもの

(2)旅客又は公衆に不快の念を与えるもの

(3)風致又は美観を損なうもの

(4)公の秩序、善良の風俗に反するもの

(5)設備上危険のあるもの

(6)政治的又思想的意図があるもの

(7)その他各媒体社が不適当と認めるもの

 


ご注意
◎広告の内容及び表現について、媒体元の承認が無ければ掲出できません。
原案の段階でご相談願います。

◎デザインの表現上、赤ベタ・黄ベタ・蛍光色・光を反射する物は許可されません。
特殊な素材のご使用については、ご相談下さい。